フルート大好き仲間が集まってアンサンブルやおしゃべりを楽しんでいます~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
50トヨタマスターズウイーン

毎年恒例のコンサート

今年はKAMEraTaの皆さんもお誘いして行って来ました~ 


座席はいつもの舞台を上手から見おろすお気に入り席~~


演奏者の方々 1人1人の表情が手に取りようにわかりま~~~す

特にコンマスのシュトイデさんと団員とのやり取りが面白い 



今年のプログラム

51

いつものように大好きな古典派主体のプログラム


今回の個人的な見所(聴き所?)は大きく2つ

その1

フルートと管弦楽のためのアンダンテ Cーdur K.315 W.A.Mozart

オーケストラとのライブは初体験です~~~

そして大好きな・・・・

52クランバウワー

ウイーン交響楽団のクランバウアーさんの演奏

なんと奇麗で軽やかな音色でしょう~~  まさに天上からの音色

拍手が鳴り止まず3度も挨拶に出てきました~~  ブラボー!!! 

カデンツアの素晴らしい響きが頭の中でいまでもぐるぐる回ってる~~


そして、この曲はきっとモーツアルトフルート協奏曲第を作曲して2楽章だけ完成させたのだと確信しました

あ~~~~ 1楽章と3楽章の断片だけでも発見されないかな~~ 



そして見所2つめ

その2

交響曲 第2番 D-dur Op.36 L.v.Beethoven

通称べト2

演奏機会が少ないのでライブでは滅多に聴けません~~~

前回の定期演奏会でベト1を演奏したばっかりなので、そういった意味でもとても興味深かった・・・・


ベト1はまだまだハイドンやモーツアルトの交響曲の様式に所々ベートーベンらしさが顔を出すって感じでしたが、このベト2では完全にベートーベンとしての交響曲が出来上がってます~
所々ハイドンを感じさせる箇所もありますが、極端に言えばベートーベンのシンフォニーはもう1番と2番で充分!!
3番以降は要らない(本当に言い過ぎですが)

っと 思わせるくらい素晴らしい演奏でした~


ベト2は随分昔(15年以上前?)にやったことあるので家に帰ってからパート譜を探したら・・・・

55ベト2

ありました~~  
もうボロボロですが   
当時の書き込みなんかが懐かしくファゴットとのユニゾンで苦労したり
弦との掛け合いとか・・・ 
リズムの取り方とか
sfの仕方とか・・・・ 




2楽章終盤での・・・・

56 2楽章

クランバウアーがパート譜のこのページをめくった時から 当時の緊張がフラッシュバックし心臓がドキドキ

う~~~ん なるほど 265小節からのSoloは あのように演奏するのか!!!!!!!  
 
しばし 呆然・・・・・・






前半のプログラムも もちろん最高でした


54菊池洋子

菊池洋子さん
最初はず~~~と オケやコンマスの方ばっかり見てましたが、佳境に入ってからは前を見て自分の世界に・・・・
ティンパニーとの掛け合いでのアイコンタクトも見所でした~
この曲も協奏曲として3楽章くらいタップリと聴きたかったです~




53シュトイデ ペーターシュー

シュトイデさんのコンマスぶりも指揮がいないオケとしては見所でした~


ペーター・シューさんの超絶技巧も最高でしたよ
フンメルのトランペット協奏曲 好きになりました~~ 




いや ~~ホント 最高のコンサート


55アンコール

アンコールでは 本場のワルツのリズムを堪能させていただきました!!


サントリーホールで これだけの上質の音楽をリーズナブルな価格で提供してくれるトヨタ自動車さんには
特別感謝!!



来年も よろしくお願いしま~~~~す ♪


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
2015.04.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kamerata.blog123.fc2.com/tb.php/565-ca6859a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。