フルート大好き仲間が集まってアンサンブルやおしゃべりを楽しんでいます~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
01

             音楽の捧げもの

      MUSIKALISCHS OPPFER  BWV1079(1074)
  Regis Iussu Cantio Et Reliqua Canonica Arte Resoluta
  王の命により創作された楽曲とカノンにより解決されたその他の楽曲



昨年7月に鈴木雅明さんの音楽講座を聴講し、その演奏会があったので行って来ました



01プログラム


場所は隣町 佐倉市民音楽ホール



07









居眠りしないように・・・・・

01ウインナー

まずは、ウィンナ-コーヒーでカフェインを摂取・・・・・・




もの凄く マニアックなコンサートだと思うのですが

ホールは満席!!  さすが佐倉!!



前半は・・・・

05.jpg

ヴァイオリンソナタ E-dur 若松夏美さんの心地よい音色 素敵でした~

そしてフルート吹きに大切なバッハの真作 ソナタ h-moll 
フルートではよく聞きますが、菅きよみさんのトラヴェルソは本当に優雅で、当時の音色が偲ばれます
いつもながらあんな難しい楽器を、いとも簡単に吹けるなんて・・・・ 神業としか思えません!!

次のカノンは鈴木雅明さんの簡単な解説があり、ルターのクリスマスコラールの旋律を用いてBACHがいかに緻密な技巧を駆使しているか、オクターブ・5度・7度などのカノン、反行カノン、最終小節にBACHの音を内声部に忍び込ませていることなどの話が・・・・

演奏はオクターブ 5度までは Vn2声  7度からはVnの荒木優子さんがビオラに持ち替えて7度下を弾くという面白い曲でした
最後の6度 2度 9度 などさすがに音が濁ったりしますが、うまく解決していく様が凄いですね~
カノンは本当に高度な音楽だと思います


休憩後の後半は・・・・・・・

メインの「音楽の捧げもの」

06.jpg

フリードリッヒ2世が呈示した「王の主題」によるカノン リチェルカーレ(フーガ)
螺旋カノンはどこまで行くのかと思わせましたが、さすがに楽器の音域の限界があり無理のないところでうまく収まった

でもやはり「トリオソナタ」が圧巻ですね!!
思った以上にテンポが早く  一度チャレンジしようと思っていましたが、あっけなく撃沈しました
あんなに早く演奏出来ません・・・・・・・

「音楽の捧げもの」はCDでは何回も聞きましたが、Liveは格別でした

又、機会があれば是非聞きたいです~~~


オケの練習時間が迫っていたので、終演後すぐに会場を抜け出しました
時間があればアンコールも聞きたかった・・・・・・・

アンコール あったのかな?  




にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
2015.02.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kamerata.blog123.fc2.com/tb.php/559-ae00752f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。