フルート大好き仲間が集まってアンサンブルやおしゃべりを楽しんでいます~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週ですがオペラシティーに行って来ました~ 


02パンフ

エマヌエル・バッハ、 先駆者の軌跡

C.P.E.バッハ生誕300年記念 室内楽シリーズ

全4公演のうち最初の第1回目 <諧謔のエマヌエル・バッハ>






01本日の公演

会場はオペラシティー リサイタルホール

初めてのホールですが音響もいいし、室内楽には良いホールですね~


開演前にはプレトークもありました

当初は久保田教授の予定でしたが都合が悪くなり、急遽トラヴェルソの中村忠さんが演奏曲の聴き所などのお話がありました


今回は第1回目なので比較的初期の作品中心のプログラムだそうです

03プログラム



バロック時代の最後で古典派に移行する直前、父である大バッハがもうすべて完璧にやり尽くした後だけに、それを何とか打破しようという思いがあるのか、所々破天荒な箇所があったり、もの凄く綺麗なメロディーがあったりとても面白いコンサートでした。
大バッハがあまりにも偉大で有名過ぎてあまりスポットを浴びることがありませんが、生誕300年を機にもっと演奏機会が増えればいいなと思います

今までにフルートのリサイタルやアンサンブルでプログラムの一部としてC.P.E.バッハの曲は何度か聴いたことはありますが、オール エマヌエル・バッハのプログラムは初めてでとても好きになりました

バロック・オーボエやバスリコーダの演奏も初めて聞きました
オーボエはともかくバスリコーダーはあまり音が大きくないので耳を澄まさないと聞こえないのでは? と思っていましたが、なんと良く聞こえました。
それにあれだけ良く息が続きますね・・・・ どこでブレスを取っているのか???

さすがはプロですね~


最後の四重奏はどことなくハイドンのような感じで音楽様式が古典派に変わっていくのを予見させる箇所が多くありとても興味深かったです~




盛大な拍手に応えて出演者全員でアンコールの演奏 



04アンコール

出演者全員の楽器編成の曲なんか無いので当然編曲版です~




我々ババール も生誕300年の機会にエマヌエル・バッハの曲を取り上げようと思います~~ 




にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
2014.03.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kamerata.blog123.fc2.com/tb.php/507-0015556e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。