フルート大好き仲間が集まってアンサンブルやおしゃべりを楽しんでいます~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
11写真


MiaoBeω 第2回公演 XmasConcert



10チラシ


こちらも1週間遅れのご挨拶になりましたが

皆様~ご来場まことにありがとうございました ♪



12花束




04プログラム表





11終演後




12花




16舞台




15舞台







14舞台



プログラム

05プログラム

前半は12世紀末から13世紀はじめにかけてフランスで活躍したペロティヌスの曲から始まり、古い年代順に17世紀頃までの音楽を演奏しました


古楽に詳しいTさんIさん以外はあまり馴染みの無い曲ばかりでしたが、それぞれ個性的で楽しい経験でした

プログラム6番目の「こだまの3声ソナタ」はこだまの役として2人が客席後方からバンダ演奏して好評は得ましたが、ホールの前と後ろの距離感で音がずれて聞こえるので演奏は難しかったです~


Iさんはリコーダだけでなく自慢のテノールでも大活躍



休憩をはさんで・・・・


06プログラム2


後半はゲスト出演の原口さん小野寺さんのオペラタイム

原口さんはついこの前にトスカで主演を務められたばかり

トスカと同じプッチーニのオペラ 「ラ・ボエーム」から素敵なアリアを披露していただきました

ネコの二重唱は歌とともに愉快な舞台でのやりとりに拍手喝采!!  


そして クリスマス関連の2曲

これでプログラムは終了しましたが 

お客様の拍手にお答えして

アンコール


1曲目は 特訓した男声合唱団

「三銃士の唄」

本人は緊張のあまり覚えていませんが、うまく?ハモってたそうです~
6小節3拍目のDの音がうわずってしまったのを覚えているということは、それ以外はハモってたということか?

第九の合唱団でその他大勢で歌ったことはありますが、バスパートを舞台で1人で歌ったのは長い人生初の出来事

このコンサートで一番緊張したアンコールでした


アンコール最後は

恒例になった「世界ねこ歩き」から ネコじゃらし

私のアレンジで演奏いたしました

音楽仲間のMさんSさんも客席から飛び入り参加いただき私はBanjoで参加

で、めでたく終演







今回は皆様に馴染みの薄い古楽について Iさん にボリュームたっぷりの曲解説を書いていただきました

07ノート

演奏以上に力作の曲解説

08ノート

こちらも好評をいただきました~~



そして休憩時にお客様数名から楽器の紹介もして欲しいとご要望があり、後半は急遽楽器紹介のコーナーももうけましたがBanjoの紹介を忘れておりました
次回は楽器紹介コーナーもしっかり企画しておきたいと思います~


お客さんにも喜んでいただいたコンサート、私たちも楽しく演奏させていただき感謝! 感謝!

次回はいつ?

と何人ものお客様におっしゃっていただきましたので


早ければ 5月 遅ければ 8月 の予定で今後企画してまいります~~

Coming Soon  乞うご期待




終演後は軽く・・・・・

19乾杯

乾杯!!





15741299_1909744225924329_4562392690965147741_n.jpg





にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2016.12.29 / Top↑
03花束

ご来場ありがとうございました ♪






11第81回定演

第81回 市民コンサート

12月18日

八千代市市民会館(大ホール)




プログラム

12プログラム

いずれも私は初めての曲でした



指揮の

13指揮

小松先生は時々管のトレーナーでお世話になっていましたが、指揮でご一緒は初めて

でも途中で判明しましたが、私のフルート仲間のIさんと東京音大での同級生でしかも、この前の「フルートフェスティバルin 千葉」でお世話になった野口先生に師事されてました



01ステリハ

ステリハ風景








前プロの「運命の力」

Cl → Ob  と続く Flのどソロ

15どソロ

指揮者と2人のトレーナー それぞれのイメージが違うのか指示がバラバラ・・・ 
本番はCl Obのイメージを受けて自分の好きなように吹きました~ 




又、この曲のプログラム解説も担当させていただきました

14解説



中プロの「くるみ割り」

トレパック 花のワルツ 等はやったことありますが、意外にも全曲は初めて

練習でフルート3人が揃うことがほとんど無く本番に突入という恐怖の体験でした

でも3人揃ってスタンディングの栄誉を受けてよかった~♪


02チェレスタ

チェレスタの音色素敵ですね~~


ハープはいつもお世話になっているmikikoさん




メインのグレートは降り番でしたが、練習ではよく代吹きさせてもらいけっこうのりのりで好きになりました~~


アンコール曲は
「シューベルトのピアノ即興曲第3番」 オーケストラ版

新垣隆さん編曲です

ハープが活躍するとても素敵な曲で、終演後は多くのお客様から「アンコールの曲名は?」とお問い合わせがありました
残念ながらCDとかYoutubeでは聴けないので、貴重な演奏になりました~
楽譜も出版されてませんし、でも新垣さん人気出てきたからそのうち出版されるかも知れませんね~



今回は、前プロ、中プロともに指揮者よりスタンディングさせていただきとてもうれしいコンサートになりました





04楽譜

ゲネプロの日に どっさり渡された楽譜の束

次回はメイン ブラ1 前プロは「ウイーン気質」

はからずも家に帰るとウイーン名物の

06

ザッハトルテ が あったので


05ザッハトルテ

美味しくいただきました~~~~~  





にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村




2016.12.27 / Top↑
11舞台

久々のオペラ観賞~

01トスカ

トスカ


主演 トスカ は 音楽仲間の 原口さん~


04原口さん


この日のためにミラノに遊学し指揮者Diego Crovetti 氏の特訓を受け舞台にちなんだ


05指揮


そしてナレーションはスタートレックのカーク船長でお馴染みの

矢島正明さん

06ナレーション


これはもう 絶対に見逃せない オペラ


全3幕


幕の最初に渋いナレーションであらすじが紹介され 

オペラの開幕


目の前で繰り広げられる愛と嫉妬と憎しみのドラマ 

08相関図

主演のトスカ

恋人で画家のカヴァラドッシ

トスカを我がものにしようとするスカルピア






これはたった一日(24時間)で起こる出来事を綴った波乱のドラマ

そう 中世の24 -TWENTY FOURなのです

1分1秒で刻々と状況が変わる波瀾万丈のドラマ

そして最後はお決まりの死んでしまうという


しかも スカルピア も カヴァラドッシ も トスカ も全員の死!!!!!


目の前で繰り広げられる迫力の演技と歌声

最後までそのすごさに圧倒されました!!!



最後は ブラーヴァ ブラーヴォ ブラーヴィ の嵐


いや~~ 本当に凄い舞台でした!!




03指揮 主演

お疲れ様~~



ちなみに エレクトーンとクラヴィノーヴァの伴奏と言うのも

07演奏

なかなかいいものですね

木管楽器や金管楽器の音色 打楽器の音色もうまく出てるし

さすがに大音響となるとスピーカーのキャパを超えるのか、音が割れてオーケストラのようにはいかないのですが、それ以外は充分満足 最後の有名なテーマは本物のクラリネットで演奏するというこだわりも素敵でした~♪




09キャスト

キャストの皆様 お疲れ様~  迫力あるオペラ ありがとうございました~~





12月23日(祝日)

原口さんは 我々のコンサートに 次回ゲスト出演していただきます

MiaoBeクリスマスチラシ

お楽しみに





にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


2016.12.13 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。