フルート大好き仲間が集まってアンサンブルやおしゃべりを楽しんでいます~♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
02本日の公演

交響曲第1番 「HIROSHIMA」

ず~~と 聴きたかった佐村河内さんの演奏会に行って来ました~~


NHKの特集で話題になり興味はありましたが、現代音楽はことごとく私にとってっはつまらないものばかりなので躊躇していましたが、あまりにも評判がいいのでチケットを手に入れました

ご自身の著書やすでにCDも発売されていましたが、あえて予習はせずに行きました




このところサントリーホールは舞台上手や後方席のようなマニアックな席ばっかりだったのですが、今回はまともな?席です

02チケット

2階席少し下手側最前列、舞台全体が良く見渡せる特等席 





1ベル少し前に佐村河内さんも客席にお見えになり、会場から大きな拍手がわき起こりました・・   


03プログラム

最初にゲスト出演大久保美来さんによるソナチネ

♯が4つもついた嬰ハ短調という調はバイオリンではとても弾きにくいはずだが美来さんは見事に弾ききった!!

曲は短調で暗くて重い中にもとても情感のこもった素晴らしい曲でした、ただ1つ残念なのが伴奏のピアノの音量が少し大きすぎてせっかくのバイオリンが沈みがちだったこと!  もう少しバランスを考えてピアノを押さえて欲しかった!!

先天性障害で弓を持つ右手が義手なためバイオリンを本格的に教えてくれる先生がいない中、我が八千代交響楽団と縁の深い石川寛子さんが引き受けた 
サントリーホールの大舞台で難しい曲を満席の観客に披露し拍手喝采を浴びるまでにどれほどの苦労とドラマがあったのだろうかと胸が熱くなりました!!



そして休憩をはさんでいよいよメインプログラムの始まりです!!

佐村河内守 作曲
交響曲第1番 HIROSHIMA


長い曲だとは知っていましたが、何楽章あるのかも知りませんでした・・・・・

編成は3管編成 ピッコロもコントラファゴットも入ります 
コントラバス7本 チューバも多用され重低音の響きがすさまじく体全体を揺さぶります
テュッティーでの大音響はイプシロンロケットの発射轟音をも上回るのではないかと思うほどの迫力

時折聞こえてくるハープやチェレスタがとても綺麗でまるで地獄の中で希望の光が差し込んでくるような効果がありました

打楽器も大活躍、特にティンパニーの効果が素晴らしいし大太鼓の地響きは何度もおこります・・・


咆吼するオーケストラが時折静かになり弦や木管が奏でるメロディーの美しいこと・・・・・

とにかく不協和音の大音響・ホルンの風雅な響き・低弦の地を這うような唸りと大太鼓の地響き
泣き叫ぶ金管楽器 転調しどんどん迫ってくる音の波・・・・・・

心をつかんで揺さぶって地獄の世界から一瞬天国へと導かれすぐに地獄に連れ戻され、ぐいぐい引き回されます・・・・

その都度気分は押しつぶされそうに重くなり時には明るく希望に満ちたり安堵したかと思うと背後から忍び寄る不安の足音・・・・

今までにない興奮と高揚感の中で演奏は終わりました・・・・

確かに演奏するのも聴くのにも大変体力のいる曲ですが、終わってみればあっという間に終わってしまったという感じがしました


この曲はストランビスキーやショスタコービッチに酷似しているという評もあるようですが、私はむしろそれ以前のブラームスに似ている感じを強く受けました。
ブラームスが4番以降交響曲を作曲していたら・・・ 例えば9番目くらいに このような曲になったのかも知れないと・・・・

確かに一つの楽章が2~30分かかる3楽章構成の長大な作品は一般受けはしないと思いますが、いったんこの音の洪水の世界に引き込まれると誰もが身動きできなくなり最後まで翻弄されるに違いないと思います

そこには良い音楽とか感動したとか言葉で言い表せる世界ではなく間違い無く今までに経験したことのない作者の心からの叫びの世界が待っています

コマーシャルベースに乗せるために1部をカットしたり再構成する余地は充分あると思います。
実際、初演は1,3楽章だけで行われたそうで、その理由もわかるような気もします。
神のために作曲されたバッハのマタイ受難曲をメンデルスゾーンが一般の人が聞きやすいようにカットしたり曲順を入れ替えたように

でも、この曲にそれをすると作者の心からの真の叫びがとても薄っぺらなものになるのではないでしょうか!!
もっと言うとこの曲は絶対生で聴くべきです。

と言いながらDVDと佐村河内さんの本をすぐにAmazonで注文しちゃいましたが!


04本



05DVD


又、機会があれば是非聴きたいと思います・・・・




にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
2013.10.30 / Top↑
本日は先週に続きKAMEraTa練習日でした~




この前の候補曲のコピーを配布して音出ししました~~


そしてお茶の時間に年内の打ち合わせ~~~

今後のスケジュールも決まりましたので・・・・・

【業務連絡】

1、 TOYOTA感謝祭

     12月8日 午前、午後の2ステージ出演です~~

     多分15分位なので短い曲を3~4曲 前回の中から次回11月2日に決定しましょう~

     詳細はTOYOTAさんからKrataさんに後日連絡あります~~♪



201212170924579c4s_20131005185004fa0.jpg


2、 スケジュール

     10月14日  アンダンテ定期演奏会本番

     11月2日   KAME練習日(Erataさん欠席)曲目決定

     11月16日  KAME練習日(演奏曲仕上げ)

     11月30日  KAME練習日(ゲネプロ)

     12月6日   金子先生バースデーコンサート

     12月8日   TOYOTA感謝祭本番 (9:00公民館にてステリハ有り)
             終了後、忘年会!!

     12月15日  八千代交響楽団定期演奏会本番

Trata(選曲委員長) さん~  以上のように決まりましたので選曲よろしくお願いいたします~

尚、施設よりのボランティア演奏依頼は多分あると思いますが、今回はお断りする方向です・・・・






もう あっという間に・・・・冬がやってきて・・・

Xmas 紅白  そしてお正月かぁ~~



あっつ!! 

1月には美浜で発表会ですね


今のところ、Trataさんだけが出演決定 




にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村








2013.10.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。