フルート大好き仲間が集まってアンサンブルやおしゃべりを楽しんでいます~♪



そろそろ震災から1年がたとうとしています・・・・

その後の政府・政治の動きには全く失望の連続

人災を起こした当事者たちは反省すらせず開き直り!

なんだか気が滅入ってしまいます・・・・・



色々 考え直す必要がありそう~



にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.03.07 / Top↑
宅急便

救援物資を送ります~~



その1

P1010081.jpg

次男のトランペット


P1010083.jpg

サイレントブラス付きです~


その2

P1010080.jpg

私が昔々使っていたフルート


トランペットはピストンもスライドも良好~♪

フルートのアクションもOKで低音Cから3Dまできっちり鳴りました~ 



送り先は宮城県楽器BANK


役に立つといいですね 




【追記】

今朝、7-11に宅急便を持って行ったら「宮城県等被災地には宅急便の通常受付は出来ません」と言われてしまいました。

でも、救援物資で届け先は被災しておらず連絡も取れる所だと説明したら、7-11の人が頑張って黒猫さんと交渉して配達出来る事になりました!!

よ~く考えて見ると、届け出先の住所に相手先が確かにおられるかどうかは不明な事も多い程の災害なので黒猫さんの対応も理解できるし、その中でも最大限頑張って努力しているんだろうなって思いました!


自分では何もしないで「パチンコやめろ」とか「自販機止めろ」とか文句ばっかり言ってる人たちが多くいますが、みんながそれぞれ出来る事を考えて実行するのが先だと思います。

文句を言うのはやるべき事をやってからにしなよ!!




にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


2011.04.14 / Top↑
家に眠っている楽器はありませんか?

東日本大震災によって楽器を破損・滅失した団体への楽器救済のために

宮城県楽器B A N K が開設されました

もちろんすぐに使える良好な状態の楽器を送らないとリペアが必要だったり、かえって迷惑をかけてしまうので注意が必要です。

詳しくは ココをクリック


私もTpとFlを送ろうと思っています~

P1010065.jpg


又、全日本吹奏楽連盟では義援金受付口座が開設されましたので音楽好きの皆さまよろしくご協力のほどお願いいたします。

取り急ぎ連絡まで!!



にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


2011.04.14 / Top↑
今回の大地震で被害に遭われた方々の事を思うと、少々のガソリン不足や計画停電などの不便さは何ともありませんが、このような時に詐欺を働いたりデマを流すような情けない行為には腹が立ってしかたありません。

又、生活必需品の買い占めは情けない限りです!!

海外のメディアではこのような大惨事にもかかわらず略奪や強奪が起こらず日本人は皆で助け合って頑張っている。信じられないと報道しているようですが、われわれには当たり前のことで、いまさら何をと思います。


そんな中、原発事故だけはやはり心配で気になります!



唯一原子爆弾被害国のわりには放射線被曝についての知識があまりなく、放射線の種類や人体影響単位についての知識もなくただ恐いというのが大半ではないでしょうか。

政府や電力会社は安全性ばかり強調してきたので、ま~大丈夫だろうと思っていたところ、いわゆる想定外の天災により想定外の危機的状況が続いており、日本に滞在している外国の方の日本よりの避難も目立っています。

阪神淡路大震災の時には多くの海外企業が一時的に海外に避難しました。
液状化で大被害を受けた六甲アイランドに極東本部のあった洗剤大手の某メーカーはいち早く飛行機を調達し関空より社員およびその家族を避難させ香港に極東本部を移しました。

今回は原発事故により放射能被爆の可能性もあり多くの海外よりの公演や国際スポーツ大会等が中止されましたし、外国人による日本脱出もまだ続くと思われます。

又、連日報道される放射能漏れにより社会生活にも大きな影響が出ていますし誤った認識により混乱も起こっていますね。



15日のことですが

若い職人風の兄ちゃんが私の所に来て


「ヨウ素」ありますか?



え~~ ヨウ素!!



にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村


... 続きを読む
2011.04.06 / Top↑
政府が今回の震災の正式名称を「東日本大震災」と決めたため昨日からこの名称に統一されました!

最初は「東北太平洋沖大地震」と呼ばれ、NHKの報道では「東北関東大震災」といい、民放各社は「東日本大震災」と呼んでいました。 阪神淡路大震災の時も同様に最初は呼称にばらつきがありましたね。



この未曽有の大震災には今までにない原子力発電所の事故という問題も発生しました。


FUKUSHIMA

残念ながらスリーマイル・チェルノブイリに次いで福島が世界的に有名になってしまいましたね。



しかも6基ある原子炉のうち4基がコントロール不能というか状況把握も満足に出来ないという状況です。
毎日何かしら問題が発生し緊急度の高い事項から応急的に処置しているため根本的な解決にはまだほど遠いのが現状です。
そして今現在では燃料棒が一部破損し放射能物質が漏れ出しているのは確実で、損傷の程度や漏れている状況もあらゆるデータを解析しての推定しか出来ない状況で、何よりも原子炉に近づけないため事実把握が出来ず、近づく手段を模索しているという段階です。

いわゆる完全に封じ込め出来るのはいつなんでしょうか? というより封じ込められるのでしょうか?


今回の非常事態を招いたきっかけは大地震と大津波という天災ですが、ここまでに至った経緯を見るとあきらかにこれは人災だと思います。


「これほど大きな地震と津波が来るとは考えて無かった」

でも実際に起こりました!!



大事故というのは常にこういう形で起こります!!


日航123便の事故にしても、コントロールに必要な油圧パイプが後部圧力隔壁の損壊によって4系統全て破壊されるという考えられない原因で機体のコントロールを失ったため最後には墜落してしまいました。

これはもしも油圧パイプが1系統破損しても他の系統で安全にコントロール出来るというフェールセーフが施されているから大丈夫という考えでした。
しかし実際は4系統が集まった後部隔壁付近で全て破損してしまいました。



又、1999年に東海村で起こった臨界事故も臨界を防ぐための1回当たりのウラン処理量をバッチ単位で決めていたのに、最後の均一化行程で7バッチを混ぜてしまったため安全な処理量を超えてしまいました。

わざわざ安全の為に分けてあるのを全て混ぜてしまったのです、しかも臨界の起こりやすい形状の沈殿槽を使ったのです。

慣れない作業とはいえ、これを専門の作業者3人がやってしまいました! 
そのうち亡くなられた2名のうちの1人はこの作業をやる正式な許可を上司に求めており、又他の1人は同僚の大学院を卒業した専門家に安全性を確認していたのです。



青い閃光




... 続きを読む
2011.04.03 / Top↑